ワクチンについて


当院では各種ワクチン接種が可能です。破傷風、インフルエンザワクチン、輸入ワクチン以外は、基本的に在庫の確保をしておりませんので、お電話での予約の上でワクチンを発注しております。

 

任意接種(自費)、輸入ワクチンの料金は以下の通りです。料金は税込みの1回当たりの料金(円)です。接種する場合、料金には診察料等が含まれています。

 

最終更新2020.5.25> 

*は下記の備考補足を参照してください

ワクチン名 料金 備考
ロタテック 8,000 3回接種
ロタリックス 12,000 2回接種
水痘 6,000 2回接種
おたふく 4,000 2回接種
麻疹/風疹 6,000 2回接種
日本脳炎 5,000

3回接種*1

三種混合 3,000 *2
破傷風 1,000 10年毎
ガーダシル 15,000 3回接種*3
ニューモバックス 7,500 5年毎
インフルエンザ 要℡ *4

メナクトラ

21,000 *5
Menveo 15,000 *5
エイムゲン 6,000 3回接種*6
Havrix 12,000  *7
B型肝炎 4,000 3回接種
Typber TCV 8,000 腸チフス*8
Verorab 12,000 狂犬病*9
Rabipur 18,000 狂犬病*9
Tdap 9,000 5年毎接種*10
ダニ脳炎 12,000 *11
コレラ 8,000 2回接種*12
不活化ポリオ 7,000 3回接種*13
シングリックス 23,000 帯状疱疹*14

【備考補足】

*1 日本脳炎ワクチンについて

1−4週後に2回目 1年後に3回目接種します。

 

*2 3種混合ワクチンについて

初回免疫:3回接種 3−8週毎 追加免疫:初回免疫後6ヶ月以上あけて接種します。

 

*3 子宮頚癌ワクチン ガーダシルについて

初回から2ヶ月後に2回目 初回から6ヶ月後に3回目 9歳以上接種可です。

 

*4 インフルエンザワクチンについて

料金はシーズンによって異なります。毎年9−10月に決定します。6ヶ月〜12歳までは4週間あけて2回接種  12歳以上は1回接種。卵アレルギーでも接種可。チメロサールフリーは取り寄せ対応。

 

*5 髄膜炎菌ワクチンについて

髄膜炎菌感染症は時に激烈な症状の進行で致死的または四肢の切断という重篤な後遺症をもたらします。このワクチンは、髄膜炎菌の血清型のうち、A, C, W, Yに対応しています。アフリカ・中東旅行(人が集まるような場所を訪れる場合)、海外留学、国内でも寮生活予定者は接種が勧められます。*輸入ワクチンでのみ、血清型Bに対応した髄膜炎菌ワクチンがあります。効果が不明な部分もありますが、ワクチンをしっかり接種したい方は、そちらも一緒に合わせて接種することもご検討ください(当院在庫なし・入荷予定なし)。

 

メナクトラは国産のワクチンです。2歳以上から接種可 5年毎接種推奨 免疫獲得は接種後10〜14日間。免疫獲得率は86-100%です。

 

Menveoは輸入ワクチンです。国産のメナクトラと同等品ですが、価格が安いです。2ヶ月から55歳まで接種可 免疫獲得は接種28日後。追加接種は15歳〜55歳までで、前回接種から4年後が推奨されています。価格は高くても副反応時の補償を心配される方、55歳よりも高齢の方はメナクトラを選択してください。2歳未満の接種は別途ご相談ください(接種回数などが異なります)。

 

*6*7 A型肝炎ワクチンについて

推奨:東アジア、東南アジア、南アジアの国に行く方。日本国内でも発症例あり。国産ワクチンはエイムゲンで3回接種 5年毎推奨。Havrixは輸入ワクチンで、6−12ヶ月後に2回目接種で15年以上効果が持続します。1回接種でも1年有効です。免疫獲得必要期間:初回から1ヶ月 1歳以上から接種可。国産ワクチンよりも接種回数が少なくて、長期の免疫獲得が可能です。

 

*8 腸チフスワクチンについて

 推奨:東南アジア、中南米、南米、アフリカに行く方。Typber TCVは1回接種の輸入ワクチンです。年齢の制限はありますが、従来の腸チフスワクチンのTyphim viよりも高い免疫獲得性が証明されています。3年毎接種推奨 免疫獲得必要期間:初回から2〜3週間 6ヶ月以上45歳以下まで接種可。

 

*9 狂犬病ワクチンについて

推奨:東アジア、東南アジア、南アジア、中東、アフリカ、中南米、南米に行く方で、犬やコウモリが近くにいる環境の場合。(発症した場合、致死率は約100%)。1週間後に2回目接種(暴露前)。WHO2回接種法でも3回接種法と効果は同等のため、当院では2回接種法をお勧めしています。

 

Rabipurは元々、輸入ワクチンでしたが、2019年に承認されて日本国内でも一応流通するようになりました。ただ、国内で承認された薬価が高いため、当院での価格も高くなっています。流通がやや不安定です。2019年5月にRabipurの製造販売元が変更になりました(GSK:グラクソ・スミスクライン→インドのBharat Biotech社)。同様の製品のようですが、製品の認可がアメリカ等でまだされていないようです。日本国内流通品はGSKがBharat Biotech社から輸入しているそうです。急がない方で副反応時の補償を気にする方には、Rabipurをお勧めします。

 

Verorabは輸入ワクチンです。免疫獲得必要期間:初回から1ヶ月 接種年齢制限なし。追加接種:通常は初回から約1年、以後5年毎推奨(ただし、リスク状況による)。

 

*10 Tdapワクチンについて

推奨:特に欧米諸国に留学する予定があり、予防接種の必要がある方。10歳以上から接種可。

 

*11 ダニ脳炎ワクチンについて

 推奨:北海道、中国、ロシア、中央アジア、ヨーロッパに旅行する方で、森林に入る予定がある方。

FSME IMMUNという輸入ワクチンを使用します。迅速法:2週間後に2回目 5−12ヶ月後に3回目 1歳上から接種可 3−5年毎追加接種推奨です。

 

 *12 経口コレラワクチンについて

推奨:南アジア(インド・パキスタン・バングラデシュ)、東アジア、東南アジア、中南米、アフリカに行く方で、不衛生な場所に行く予定がある方。Dukoralという輸入ワクチンを使用します。1週間以上あけて2回経口接種 通常6歳上から接種(2−5歳は要相談) 2年毎に追加接種推奨です。

 

*13 ポリオワクチンについて

生ワクチン1回のみの方が対象 3回接種 1ヶ月後 6−12ヶ月後。ポリオは手足の麻痺が起きる病気です。治療薬はありません。日本では1980年以降に症例はいませんが、パキスタン、アフガニスタンなどの南アジアやアフリカ地域ではまだ流行しています。近隣諸国では、中国、インドネシア、フィリピンでも発生していますので、注意が必要です。

 

*14 帯状疱疹ワクチンについて

50歳以上が対象 2−6ヶ月後に2回目接種。不活化、筋注ワクチンです。帯状疱疹を予防する有効率は90%以上です。水痘ワクチン(現状は麻疹ワクチンと混合のMRワクチンしかありません)でも帯状疱疹の予防効果はあると言われていますが、効果が不確かです。確実に予防効果を求める場合には、シングリックスを選んでください。


注;

1)輸入ワクチンは未承認薬品のため、副反応時には通常の補償制度の範囲外ですが、代わりに輸入代行業者の補償制度が利用できます。詳細はこちらをご参照ください。

2)定期接種以外で問診のみの方は¥2,000円(税込)となります(接種希望でも不適当と判断された方)

3)輸入ワクチンの在庫がない場合、別料金での取り寄せになります。お見積もりをしますので、事前にご連絡ください。金額は折り返しご連絡します。発注は前払い後となります。入荷まで数日から2週間程度です。