· 

当院での新型コロナウィルス感染症の対策について

当院での新型コロナウィルス感染症に対する対策について、ご紹介します。以下の写真と一緒にご覧ください。皆様が安心して受診できるように心がけています。

 

当院の正面出入り口右側の写真です。

 

当院では現在、正面出入り口の自動ドアを施錠しています。

 

受診者にはまず、写真向かって左側にあるインターホンを押して頂いて、病状の確認を行っています。もし発熱などの風邪症状があれば、通常の待合室とは別の感染待合室(写真向かって右側)に誘導しております。感染待合室に既に別の方がいる場合などには、車などで待機してもらい、受診の順番が来たときに電話で連絡しています。

 

特に風邪症状がない方のみ、通常の待合室に誘導しています。このように受診者の動線を分けることで、感染の拡大防止に努めています。

感染待合室の写真です。

 

換気扇を備えており、入り口側にはエアコンと窓もあります。診察時には、換気扇をつけて、窓を開けて換気をしながら、DAIKIN製エアコンの機能であるストリーマをつけて診療しています。

 

新型コロナウィルス感染症の場合、換気の重要性が指摘されていますので、換気に十分注意しながら、空気清浄も行って診療しています。

 

診察時には、医師が一人で診察します。医師は手袋やマスク、ガウンなどを装着して診察しています。

 

なお、新型コロナウィルスの検査は当院ではしておりません。

通常の待合室にある受付の写真です。

 

当院では低オゾン空気清浄器(写真右側)を設置しています。受付以外に、通常の診察室にも同様の機械を設置しています。

 

待合室には換気扇による換気を24時間しておりますが、開放可能な大きめの窓が4つあり、それも適宜開けて換気をしています。

 

 

 

 

正面玄関出入り口の写真です。

 

下駄箱の上には医療用アルコールの手指消毒剤を置いてありますので、受診者の方は適宜ご使用ください。アルコールに対するアレルギーがある方のご使用はお控えください。

 

職員は全員マスクを着用して業務をしています。正しい手洗い方法についての確認もしています。毎日体温を測定し、体調についての問診に回答しています。もし、発熱していたり、体調が悪かったりした場合には、その職員は最低1週間の自宅療養をする方針にしています。