理念

一 医療を通じて幸せを感じられるようにする

 

人は生まれながらに幸せを求めていると思います。病気や事故で医療を受ける必要がある患者さんが幸せを願っているように、医療を提供している医療従事者もまた同じ人として幸せを願っている存在です。我々は医療という場を通して出会い、コミュニケーションしていく中で、お互いが同じ人として幸せを感じられるような関係でありたいと考えています。

 

行動指針

一 笑顔を絶やさぬこと

二 礼節を重んじること 

三 最善・最高を追求すること

四 幸せを感じて感謝すること

五 いたわりと愛する気持ちを持つこと